飲食セーフティーネットワークの賛同店舗になりました-ハーベストの放射能対策⑤

ブレッド&カフェ ハーベストは福島第一原発事故で広範囲に放射能汚染した中で、お客様をお子様を内部被ばくさせたくないと、放射能対策を始めていますが、今回同じ志を持つ飲食セーフティーネットワークの賛同店舗となり、学習と情報共有をして、放射能対策をさらに進めてまいります。

飲食セーフティーネットワークは、お客様に安心安全をお届けすべく、放射能対策を実施している外食産業のネットワークです。

飲食セーフティネットワーク、賛同店舗一覧 (店名アイウエオ順)

【賛同店舗】
お客様を内部被ばくから守るべく誠意をもって対策されており、飲食ネットの趣旨に賛同頂いている店舗様一覧。
当会の定める登録要件の実施はまだ過程段階ですが、各店舗様それぞれが独自に対策を行っていますのでその取り組みをご紹介させていただきます。

ブレッド&カフェ ハーベスト

カフェを併設する手作りパンのベーカリー

〒177-0045 東京都練馬区石神井台5-28-23
TEL:03-6795-1567
公式サイト: ブレッド&カフェ ハーベスト

<対策状況>
以前より、高品質な食材の利用、食の安全については心がけてきましたが、福島第一原発の事故により放出された放射性物質による内部被ばくを避けるため、製パン、調理、飲料の使用材料から、放射能汚染されたものを可能な限り排除していく取り組みをおこなっています。

<具体的な取り組み>
●ROろ過器でろ過した水道水を仕込、飲用に使用する。
●小麦粉、乳製品を北海道産に限定する。(北米産、フランス産の小麦粉も使用)
●メーカー、仕入業者に使用材料の原産地を聞き取りなどで調査。早川マップなどを参考に汚染地域の産品を排除。
●店頭での材料の購入にあたっても、汚染地域の農産物などを避ける。
●各種の食品の放射能検査結果を参考に、測定値の高い材料を避ける。
●比較的低い土壌汚染であった、練馬区の農産物の安全性の確認のため、地元農家住民と協力し土壌の放射能測定、農産物の放射能測定などの取り組みの準備中。
●市民測定所と協力し、使用材料も、定期的に放射能測定をおこなっていく予定。
●飲食セーフティーネットワークに参加して、学習、情報共有を行い、より安全で、お客様に安心しておいしく召し上がっていただける食品を提供していく。

以上のように飲食セーフティーネットワークのホームページに掲載されました。

Scroll to Top