棄てないパン屋

こんにちは!スタッフすずきです。

ハーベストでは石井店長のご厚意で、余ったパンを1か月に1回、こども食堂に寄付を続けてます。5年くらいになりますね。すずきは持ってくだけなんですがね(^_^;)

やはり今はコロナ禍の影響もあり、こども食堂の利用も増えてます。

石神井にある、石神井ゆうやけこども食堂さん。
第1金曜と第3日曜にやってます。

運営しているのは、不登校の子の居場所づくりをしている、なゆたふらっとさんと日本基督教団の菜の花伝道所さんが共同で運営されています。

もともとは菜の花伝道所さんが日曜礼拝があり、人がたくさん集まる日なので、何か出来ないかということで始められたそうです。

食事に使うお野菜は南大泉にある緑と農の体験塾で栽培したお野菜を使ってます、こどもと一緒に収穫に行くこともあるそうです♪

ハーベストでは出来るだけパンの廃棄をしないような取り組みをしています、パンが売れなかった日は夕方にタイムセールをして出来るだけパンを売り切る、それでも余ったパンは冷凍保存して、月1回こども食堂に持っていって、こども達に食べてもらう。

「ハーベストでは棄てるパンはありません」

その分、売れるからといって安易に大量にパンを作りません、せっかく、いらっしゃってお目当てのパンが無いこともあり心苦しいのですが(>ω<。)

その日に売り切れる分のパンしか作らないのです。

この写真の日は持っていくパンがたくさんありました、こども食堂の利用者にパンが行き渡るということはほとんどないのですが、こども達を優先してパンを渡しています。

「デリ風サラダ、終了します」

夏限定で始めたデリ風サラダですが、8月いっぱいで終了することになりました!
短い間でしたが、お買い上げいただいたお客さま、ありがとうございました(* ´ ▽ ` *)

もともと、すずきの旦那さんのお母さんの畑で取れた沢山のお野菜を活用すべく始めさせていただきましたが、収穫が一段落しましたので終了させていただきます。

次が最後ですが、かぼちゃのピーナッツ胡麻サラダもよろしくお願いいたします♪

よろしければシェアお願いします。

Scroll to Top
Scroll to Top