春にカレーパン

こんにちは!今年から本格的に花粉症になってしまったスタッフすずきです。

今回のテーマは春にカレーパン♪

ハーベストでは2種のカレーパンが販売されています!
普通の揚げたカレーパンと夏野菜の焼きカレーパンです(^_^)
揚げたカレーパンは甘口でお子さまでも食べられる辛さです♪夏野菜の焼きカレーパンはちょい辛といった感じですが、焼きパンなのでヘルシーさもあり好評です。

「花粉症とカレー」

食養生の観点からしますと、カレーは花粉症に「東洋医学的に効く」といわれています。 花粉症は代謝異常によって発症されるとも言われていますが、 代謝を上げるには体温を上げる効果があるスパイスがおすすめ!とのこと。 カレーに含まれるターメリック、クローブ、シナモンなどのスパイスは抗アレルギー効果があるという学説があったりします。

また、乳酸菌の豊富な乳製品を摂取することも、腸内環境を整えることが腸管免疫の正常化につながると考えられています。腸内環境をよくすると、花粉(アレルゲン)が腸から体内に入りにくくなる可能性があるのです。また、乳酸菌には免疫の過剰反応を抑える働きがあるため、花粉症の症状緩和に役立つと考えられています。

そこで、ハーベストの焼きカレーパンに乳酸菌が豊富なチーズ(とろけるものがオススメ!)をちょい足ししてみました♪

焼きカレーパンの方が揚げカレーパンより、ちょい辛ですが、チーズと合わせるとちょうどいいマイルドな辛さになります(^_^)

まず、焼きカレーパンの上に空いてる穴にチーズを入れちゃいます。

そして、レンジで30~40秒♪

ここで捕捉ですが、西洋医学と東洋医学では考え方が違い、諸説ありますので自身の体調に合った花粉症予防をしましょう♪

カレーパン、花粉症に効くかな…( *´艸`)

よろしければシェアお願いします。

Scroll to Top
Scroll to Top