夏ミカンの測定結果の訂正

ハーベストの近くの練馬区の直売所で購入した夏ミカンについて、
セシウム137が検出したとお知らせしましたが、
後日、にしとうきょう市民放射能測定所 あるびれおのスタッフの方から説明があり、
検出とは判断できないとのことで、
測定結果を訂正いたします。

放射能測定結果

測定結果を見ますと、判定のところでCS-137について検出となっています。
それで、検出したとお伝えしたのですが、以下の点から検出とは判断できないとのことです。

①試料(夏ミカン)の量が足りず測定の容器が一杯にならず、正確な測定ができなかった。
②測定器(AT1320A)は、セシウム合計10Bq/kg以下の検出下限値は、正確な測定の判断が難しい場合がある。
③Cs-137のピークの検出が無い。
④Sc-137が検出される場合は、Sc-134も検出される。現在半減期によりSc-134の濃度はSc-137の1/2となっているので検出下限値未満となる可能性はあるが、断定できない。
とのことでした。

以上の説明を受け、地元産の夏ミカンからセシウムー137検出との報告を取消させていただきます。
身近な農作物から放射能検出と記載し、皆さまにご心配をおかけしたこと、生産者の方にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

福島の原発事故で放出された放射能による汚染を受けて、練馬の地元野菜の放射能測定につきましては、
これからも続けて安全確認をしていこうと思っております。

身近なところで、生産地生産者もはっきりとした、新鮮な野菜が購入できる豊かな環境の中で、安心して野菜を使って行けることをめざしてまいります。

ブレッド&カフェ ハーベスト 店主 石井文夫

「夏ミカンの測定結果の訂正」への1件のフィードバック

  1. あるびれお 土方ヒトミ

    SECRET: 0
    PASS:
    石井さま
    今回沢山お手数をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。
    あの後、あるびれおでも話し合いの時間がもたれましたが、結局データシートの判断で、このようなお答えをすることになりました。
    ですが、最初の判断(隆一の考えに私も同感しました)が間違っていたとは今も思っていません。
    ハーベストさんのブログに掲載されて皆さんに問題意識をもっていただけた事は貴重だと思っています。ありがとうございました。 Like

コメントは受け付けていません。

Scroll to Top