クスリに頼らないくらしかた

ハーベストのカフェスペースでは、絵本や、地域の情報が掲載された雑誌、
また、私が読んでみてお客様にもお勧めしたい本も並べています。

「熱風」という定期購読している雑誌があります。
あまり、みなさんの目にとまらないと思いますが、
トトロや、魔女の宅急便などでおなじみのスタジオジブリが発行しているものです。

今月号は、ぜひとも手に取っていただきたい内容です。

特集は「日本人とクスリ」

日本人は、クスリ好きな国民性といわれています。
風邪をひくと医者に行く、そして薬をもらって飲むのが当たり前になっていますが、
風邪を治す薬はありません。風邪は体が熱を出したりして自然治癒力で治します。
風邪薬は、熱を下げたり、咳を止めたり、痛みを和らげたりするかもしれませんが、
体を休め、水分、塩分をとればば風邪は治りますし、せっかく体が熱を出して戦っているのに、
薬で下げるのは不自然なことだと思います。

クスリや、健康診断、医療に必要以上に頼ることが、良いことなのか?読んで考えてもらえたらと思います。

私は、食を仕事としていますので、食の安全ということをいつも考えています。

食においても、いろんなクスリを使うことがあります。
野菜を作るのに、農薬や化学肥料ホルモン剤まで使ったり、
パン作りにも、いろいろなクスリが使われます。
もちろん国の検査で安全とされていますが、
見た目が良くなるため、たくさん作るため、手間を省くため、長持ちさせるため、
に必要になるのです。たしかに便利です。

その一方で、クスリを使わないことを目指すやり方もあります。
ハーベストで使っている野瀬自然農園の野菜は、農薬化学肥料を使わず育てた、
安心で、本当の美味しさのある野菜です。

ハーベストも、できるだけ自然、安全な材料を選び、イーストフードなどのクスリを使わないパン作りを心がけています。

暮らしとクスリを、考えてみませんか。

Scroll to Top